2014年のページへ 

住野川公園づくりのページへ

第2回 住野川河川公園づくり(仮称)ワークショップ

日時  2014年7月30日
場所  香春町採銅所長光 住野川 
主催  田川県土整備事務所 河川砂防課  
第2回ワークショップのテーマでは「公園計画地を見て、現地の魅力や課題を考えよう」として、参加者の皆さんが長光円陣の滝桜公園に集まりました。

長光円陣の滝桜公園は、採銅所小学校から車で10分ほどの所にあります。この公園は 昔は豊かな水に恵まれ、棚田が広がっていました。また、牛斬山への登山口となっています。

平成14年、地元、「長光桜植樹会」の皆さんは、竹林などで荒れていた雑木林に約200本の桜を植樹、その後毎年、雑草除去などを行ない、また、梅やイチョウ・ツツジを植え、展望台(休憩場所)も設けられ、四季折々訪れた人が楽しめるように管理されてきました。
しかし、平成21年の豪雨被害で棚田も今では手つかずにいます。

今回は円陣の滝の上流部分の登山道や川の中を散策、計画地の地形や環境、どんな動物や植物が生息しているかなどを観察します。


第1回目のワークショップはこちらから      採銅所小学校児童の生物調査はこちらから
 第2回ワークショップのまとめ
  • 豊富な自然、円陣の滝、清流、鳥のさえずりなど、森林浴や避暑地としての魅力がある。
  • 親子で安心して水遊びができるような河道を整備する。
  • 公園の目玉は「円陣の滝」。滝つぼの前に橋を架け、周遊できる園路を整備したい。
  • 確認された生物の生息に配慮した整備を行い、環境学習の資源として活用したい。
  • 桜の周辺を整備して、食事や花見をする場として活用したい。

   
たんぼがあった跡地には花木が植えられています。   
   
   
   
   
   
登山道をのぼっていきます。 
   
円陣の滝の上流部分   
   
   

   
上流部分を超えると道が整備されていました。 
   
   
   
サワガニやタカハヤ・カワニナが取れました。  水生生物トンボのヤゴの仲間がいました。