NPO法人遠賀川流域住民の会の会員紹介のページへ

嘉麻川を守る会

 
   

活動の目的

生活排水による水質汚濁が大きな環境問題となっていますが、この改善には一人ひとりの心がけが重要であり、一人でも多くの方に現状を理解してもらい、川を汚さない生活を実践してもらうため、食廃油のリサイクルせっけんづくりを通した啓発を平成7年から実践しております。
現在では「命の水」の源である遠賀川の水質改善を目的に様々な実践活動を行っています。

   

 
   

活動の内容

稲築町(現嘉麻市)を中心に遠賀川の水質改善のための活動を行っています。年間を通して食廃油せっけんづくりと販売、稲築公園の花壇の手入れを行い水と緑の大切さをPR。町の開催するイベントで身近な環境改善が地球環境の改善につながることを食廃油せっけん・アクリルたわしの販売を通してPR。 小学校の環境学習に参加し、将来を担う子ども達に水の大切さをわかりやすく説明しています。

 
   

平成7年9月  

「いなつきの環境を考える会」発足

平成19年4月 

「環境を考える会」と改名

 
   

美しい遠賀川を未来の子供たちに伝えるため、私たちの活動をもっと多くの人に知ってもらい、遠賀川流域の住民みんなでさまざまな取り組みをしていきます。             私たちにできることを実践しつつ、大人やこどもが集い・憩い・やすらげる遠賀川にするため、今後も他の団体や行政とパートナーシップで活動していきます。