2009年のページへ


 
 

日時  平成1998(土曜日) 開催時刻:13:001200分受付開始)
場所  長崎街道木屋瀬宿記念館 こやのせ座

 

9月8日(土)北九州市八幡西区木屋瀬の長崎街道木屋瀬宿記念館こやのせ座で「第13回ILOVE遠賀川流域住民交流会in木屋瀬」が開催。北九州や遠賀川流域から百人が参加しました。

基調講演では、惠良宏氏皇學館大名誉教授が遠賀川流域の伊勢参宮の始まり」と題して、戦国時代から伊勢神宮の信仰が九州や遠賀川流域に広がった様子や、当時の住民の文化や暮らしについて後援いただきました。   

また、県無形民俗文化財に指定されています
(木屋瀬宿場踊り」を保存会の皆さんが、浴衣に三度笠(女性は妻折笠)、腰にちょうちんをぶら下げた道中姿で、三味線と太鼓に合わせて勇壮な舞いを披露いただきました。     

後半では、遠賀川やその支流で活動している団体の活動報告が行われました。「日本野鳥の会・筑邦支部」「川船製作研究会」
遠賀川川下り大会実行委員会」「ひこさんがわ夢の会」「笹尾川水辺の楽校・運営協議会」「おりお堀川を愛する会」「香月・黒川ほタルを守る会」「なかまの環境を良くする会」「堀川再生の会・五平太」の皆さんの日ごろの活動の様子をお話していただきました。



基調講演をしていただいた、惠良宏氏(皇學館大名誉教授)

基調講演・・・遠賀川流域とお伊勢まいり

ご案内のチラシ
      第13回 I LOVE 遠賀川流域住民交流会 in 木屋瀬

1 趣旨 

遠賀川は、いにしえから流域に住む私たちに、あらゆる恩恵を与えてきました。

 源流から河口まで営々と流れるその流域には、文化が芽生え、人々に生きる力と安らぎをもたらしてきました。

 近年、流域の都市化とともに遠賀川は大きく変貌しました。

 上流の山間部では産業廃棄物や家電製品の不法投棄による地下水汚染、住宅や工場が密集している中流から下流域では生活排水や工場排水による水質悪化に伴う水道水源への影響、更に河口堰から響灘では、洪水時に流下する大量のゴミによる漁業への影響といったさまざまな問題が起こっています。

 20年前、このような問題に心を痛めた飯塚市の住民による清掃活動が、遠賀川流域の人々の心をとらえ、点々と飛び火するかのように現在では嘉穂町・穂波町・山田市・田川市・芦屋町・遠賀町・中間市等へとその輪を広げてきました。

平成155月にこれら流域の住民団体が結集して「NPO法人遠賀川流域住民の会」を立ち上げ、流域の環境を守り、地域住民にとって親しみやすい川づくりを目ざして、様々な取組を行ってまいりました。

「遠賀川流域住民の会」の構成団体が流域で活動する団体や個人に呼びかけ、遠賀川について語り合う「ILOVE遠賀川流域住民交流会」も13年目を迎え、本年は、「遠賀川が育む歴史と文化」をテーマに北九州市木屋瀬において開催されます。

 本交流会に多くの皆様にご参加していただき、遠賀川について心行くまで語りあえることを願ってやみません。 皆様の暖かいご支援とご協力をお願いいたします。

2 実施要領

☆ 日時  平成1998(土曜日) 開催時刻:13:001200分受付開始)

☆ 場所  長崎街道木屋瀬宿記念館 こやのせ座

(北九州市八幡西区木屋瀬3-16-26  Tel:093-619-1149 
                        FAX:093-617-4949

☆ 参加者 遠賀川に関心がある人

☆ 参加費 無料 ただし、懇親会参加者は3,000円徴収します。

☆ 主催  NPO法人遠賀川流域住民の会

      第13I LOVE 遠賀川流域住民交流会in木屋瀬実行委員会   

☆ 後援  国土交通省遠賀川河川事務所、遠賀川水系水質汚濁防止連絡協議会、遠賀川水系水道事業者連連絡協議会、北九州市、中間市、直方市、飯塚市、田川市、嘉麻市、若宮市、芦屋町、水巻町、遠賀町、岡垣町、小竹町、鞍手町、桂川町、筑前町、香春町、添田町、福智町、糸田町、河崎町、大任町、赤村

3 プログラム

1300 開会式

主催者挨拶 「NPO法人遠賀川流域住民の会」理事長  窪山 邦彦氏

来賓挨拶  国土交通省遠賀川河川事務所長       松木 洋忠氏

北九州市長               北橋 健治氏

133014:45 基調講演

演題 「遠賀川流域とお伊勢参り」 

講師 良 宏 先生 (皇學館大學名誉教授)

14451500    休 憩  

15001600 遠賀川上・中流域の住民団体の活動報告(各15分)

(1) 遠賀川の野鳥      《日本野鳥の会・筑豊支部》

(2) 五平太舟の再現     《川船製作研究会》

(3) 全日本イカダサミット報告 《遠賀川川下り大会実行委員会》

(4) 彦山川での取り組み報告 《ひこさんがわ夢の会》

16001615    休 憩

16151630 木屋瀬宿場踊り

16301745 遠賀川下流域の住民団体の活動報告(各15分)

(1)  笹尾川水辺の楽校 運営協議会

(2)  おりお堀川を愛する会

(3)  香月・黒川ホタルを守る会

(4)  なかまの環境を良くする会

(5)  堀川再生の会・五平太

1745 閉会

閉会挨拶  NPO法人遠賀川流域住民の会 副理事長  野口 靖彦氏

1800 懇親会 会場「中町公民館」 [2時間程度]

 

NPO法人遠賀川流域住民の会」について

1 どんな組織 

 遠賀川流域の河川浄化活動に取り組んでいる18の住民団体が、お互いに連携をはかりより良い遠賀川をめざすために集合し結成した団体

「なかま三世代ふれあいの会」「宿場木屋瀬街づくりの会」「日本野鳥の会筑豊支部」

「川船製作研究会」「ひこさんがわ夢の会」「I LOVE 遠賀川」

「遠賀川源流の森づくり推進会議」など

2 始まり  20年前に飯塚市で河川敷の清掃活動を始めたのが発端

3 主な活動

(1)    「ILOVE遠賀川流域住民交流会」の開催:1/年 7年前から各地域持ち回り担当で開催

(2)    「活動報告と交流の会」 1/年 飯塚市で開催

(3)    各地域での清掃活動、生物・水質調査、稚魚の放流、ゴミ、リサイクル等の環境問題の学習会等

4 「ILOVE遠賀川流域住民交流会」について

(1) 構成団体及び流域住民との意見交換、交流、学習の場

(2) これまでに実施した地域:田川市、直方市、芦屋町、嘉穂町(現嘉麻市)、飯塚市、中間市、北九州市、赤池町(現福智町)、稲築町(現嘉麻市)

(実行委員長は団体が受持ち、事務方は行政の環境担当が受け持っているところが多い 

例えば:中間市、嘉穂町、田川市:遠賀川河川事務所田川出張所)

(3) 内容:専門家による「川づくり」「生物調査」等の講演会や、各団体の活動報告等。

平成12年:北九州市市顧問小野勇一氏による「遠賀川の生態系について」の講演。

平成13年:木屋瀬、北九州市長による「公害克服の歴史」講演。

平成14年:赤池町、「はじまりはじまり遠賀川物語」で、5人の語り部によるトーク。

平成15年:直方市、川と遊ぶをテーマに幸野敏治氏(NPO法人河童娯楽部)講演。

平成16年:稲築町、「すばらしい遠賀川にするために」をテーマで開催。

平成18年:飯塚市、「もっと知りたい遠賀川」出版記念シンポジウム開催。

平成18年:田川市、「本当の川とは」をテーマに九州大学教授島谷氏、講演。

(4) 来賓の出席:担当地区や流域の首長さん、国土交通省遠賀川河川事務所長