2014年のページへ

2014飯塚納涼花火大会 川ひらた

 
     
   8月11日、飯塚市で納涼花火大会が開催、雨のため一週間遅れの花火大会となったが、河川敷などたくさんの市民でにぎわった。

当日、「川ひらた」が登場、花火を見ようと集まってきた浴衣姿の若者や家族連れが、川ひらたを見てびっくり、乗れるんですか、と尋ねながら乗船、花火前のひと時を遠賀川の風に揺られながら楽しんでいました。川ひらたに乗った若者は、「揺れが全然違う感覚、気持ちがよかった」と感想。その後、川ひらたに乗って打ち上げられる 花火を楽しみました。

この「川ひらた」は、かって遠賀川で石炭輸送手段として我が国の近代文化の一役を担ってきたが、昭和20年代にその役割を終え姿を消しました。もう一度、遠賀川に「川ひらた」を、と願って製作を続けてきた「川船製作研究会」の皆さんが2010年に実物大の大きさで復元したもので、長さ13m75cm、幅2㎡56cm、高さ885cm、総重量1.967kg。昨年に引き続き遠賀川に登場、たくさんの人が川ひらたで楽しみました。

会の皆さんはもっと川ひらたを市民の皆さんに親しんでもらいたいと願って、秋の清掃活動「ILOVE遠賀川」(10月12日第2日曜日)にも姿を見せ、川の中のゴミを拾ったり、清掃活動終了後には、参加した皆さんが川ひらたでひと時を楽しめる企画として、試乗会を開催しています。お楽しみに!