3世代まるごとエコ活動

エコ出前講座に出かけました
報告 福岡県地球温暖化防止活動推進委員 香春町 鬼塚やよい

 
 西日本新聞筑豊版 12月24日掲載分を転載させていただきました
 12月9.10.11日、香春町町立香春保育所、勾金保育所、採銅所保育所でエコ出前講座を行いました。対象者は5.6歳児の年長さんクラスです。

福岡県地球温暖化防止活動推進センターでは、地球温暖化対策の一環として、子ども向けのエコ出前講座を開催しています。地球温暖化問題の解決のためには、各自が地球温暖化問題への正しい知識を深め、その解決に向けて、自主的な取り組みを実践することがとても大切です。

そこで、将来を担う子ども達と共に、両親や祖父母等に対しても地球温暖化防止の呼びかけを行い、幅広い世代における取り組みを進めています。

今回、12月9日(香春保育所).10日(勾金保育所).11日(採銅所保育所)では、田川市郡の推進委員が運営を担い開催しました。

パネルシアターでは、‟地球温暖化ってなあに”では講師の先生が「私たちのすんでいる地球は大変しています。みんなで助けてあげましょう」とわかりやすく説明、美味しいエコ見つけたでは、なぜ‟旬の野菜”が大切なのか、をお話していただきました。大人でも旬の野菜を見分けるのは大変になってきています。でも子どもたちは元気よく手を挙げて答えていました。

紙芝居‟エコトンのちきゅうが大変”では福岡県のマスコットキャラクター エコトン君が保育所にきて、園児たちと一緒にクイズに挑戦、園児たちは大喜び、楽しいひと時でした。そして記念撮影。

園児たちはエコトンに地球を守る3つのお約束をしました。  
  好き嫌いをなくして何でも食べよう
  使ってない電気を消したり、テレビを見る時間を減らそう
  水を出しっぱなしにしない


園児たちは 地球を守ってくれる頼もしい隊員です。
どんな小さなエコの活動もみんなですると大きな力になります。皆さんもエコに挑戦しませんか
2014年 秋冬 ふくおかけん 節電県民運動の申込みアンケートはこちらから
 香春保育所
 
 
 
 
 
 
勾金保育所