2013年へ

 
 

田川市立金川小学校の5年生の児童は、川の流れ、水の働きを遠賀川河川事務所の職員を講師に迎えて、9月27日学習会を行ないました。

模型を使った川の水の流れを調べます。まっすぐな川と曲線になっている川の水の流れや、上流・中流・下流など水の働きを調べました。

また、瀬と淵での水の働きや水が洪水をおこす様子などを実験を通して学びました。合わせて川での遊びや、上流で雨が激しく降った時、川の水が濁って流れるようなときは速やかに川から離れるように指導を受けていました。

また、遠賀川の水をきれいにしようと、食べ残しや汚れた食器は一度ふくなどして洗う。一度汚れた水は魚が棲めるようになるまで沢山の水が必要なこと、川にごみを捨てないようになど、川をみんなできれいにしましょうと話されていました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
 
 
このページのトップへ