2012年のページへ

海が泣いているよ;ゴミのないきれいな浜辺を取り戻そう
第11回 芦屋・若松クリーンキャンペーン

参加いただきました皆様本当にありがとうございました。上流の子ども達から「家の前を流れる遠賀川はとてもきれいなのに、どうして川は汚れるのでしょうか」と問いかけられます。言葉がありません。下流の芦屋町に「遠賀川をきれいにしよう」という思いの人々が集まって清掃作業をしている事を伝えたいと思います。

今後、芦屋・若松クリーンキャンペーンを皮切りに、遠賀川流域では秋の河川清掃活動が住民団体によって開催されます。ひとりでも多くの方に芦屋海岸に流れつくゴミの情報を伝えていただき、ゴミを捨てない運動、川を大切に思う運動が広がることを願っています。


2011年の取り組み    2010年の取り組み   2009年の取り組み  2008年の取り組み  2007年の取り組み

日  時  平成24年9月9日(日) 9時45分~12時
集合場所  芦屋町柏原漁協前 
主  催  NPO法人遠賀川流域住民の会 
共  催  芦屋の自然を守る会・洞山保存会
 第11回目を迎えた芦屋・若松クリーンキャンペーンに今年もたくさんのボランティアの皆さんが参加して清掃活動が行なわれました。大雨が降る度に遠賀川の下流にはたくさんのゴミが流れ着きます。河口堰では国土交通省が毎年たくさんの経費を使ってゴミの処理が行なわれています。しかし、大雨で川が増水し処理が間に合わずに河口堰を開きます。すると、怒涛のごとくゴミが海に押し流され、海岸に漂着ます。

ゴミによって、漁船のスクリューに絡みつくなどの被害が起こっています。また、海岸にたまったゴミで景観を損なうなど地元の皆さんに大変迷惑をかけています。さらに、海底ではゴミがたまってヘドロ化しています。この様な様子を遠賀川流域に生活する住民に知ってもらおうと遠賀川流域住民の会の呼びかけで「芦屋・若松海岸クリーンキャンペーン」が始まりました。遠賀川流域22市町村に呼びかけ毎年開催しています。

当日はバスを準備して、遠賀川上流の嘉穂や田川からも住民が参加します。団体や行政の中では20人~30人という集まりで参加いただいた団体もありました。開会式後、早速、なみかけ大橋、洞山。夏井ケ浜、若松海岸の4つのグループに分かれて作業が行なわれました。

遠賀川源流から参加いただいた方は「河口堰のゴミはすごいの一言です。このゴミの山を忘れないために毎年参加しています。10月は私たちの団体でも河川清掃活動を行いますが、芦屋町のことを地域の人々に語って清掃活動をします。」また、「1年に1度海岸を見て、海の幸を頂くのも楽しみです。この浜辺をみんなで守っていきたですね。」と話されました。
芦屋・若松海岸クリーンキャンペーンは遠賀川流域の人々の交流の場となっています。


ゴミの様子はこちらから(国土交通省遠賀川河川事務所ホームページより)


参加いただいた団体の皆様

NPO法人「小竹に住みたい」まちづくりの会様  
福岡県ボート協会審判員様
宮若川づくり交流会様
金辺川を楽しむ会様
田川ふるさと川づくり交流会様
ひこさんがわ夢の会様
穂波川を愛する会様
宿場木屋瀬街づくりの会様
原田自治会犬鳴会様
なかまの環境を良くする会様
社団法人 ひびき青年会議所様
遠賀川水辺館様
遠賀川サケの会様
嘉穂水辺の楽校周辺の環境を守る会様
I LOVE遠賀川in嘉穂実行委員会様
遠賀川源流の森づくり推進会議様
遠賀川川下り大会実行委員会様
芦屋の自然を守る会様 
 洞山保存会様
株式会社 石橋組様
日本新興(株)様
(株)データベース様
(株)香翠園様
(有)柴田土木工業様
(有)光 建設様
青洲建設(株)様
(株)黒瀬建設様
TOTO(株)様
香春町役場様
田川市教育委員会様 
北九州市上下水道局様
嘉麻市役所様 
中間市役所様 
桂川町役場様 
飯塚市役所様 
遠賀川河川事務所様 
遠賀町役場様
芦屋町役場様 
※参加いただいた団体様で名前が記入してない場合は事務局まで連絡いただけますと幸いです。
なお、個人で参加された方は申し訳ありませんが、記入していません。
 
 開会式で波多江芦屋町長のごあいさつ。

   
 
 
   
 
   
 
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 お疲れさまでした。閉会式では、野口NPO法人遠賀川流域住民の会副理事長がごあいさつしました。