2009年のページへ

皆様のご協力で 海岸線が 本当にきれいになりました

 平成21年9月13日(日)、第8回芦屋海岸クリーンキャンペーンに250人の皆さんが、遠賀川上流や北九州市、地元芦屋町からボランティアの皆さんが集い、たくさんのゴミを回収しました。お忙しい中ボランティアに参加された皆様、本当にありがとうございました。以下、地元の「芦屋町の自然を守る会」の妹川さんよりお礼の文章が寄せられました。ご紹介いたします。



8回芦屋クリーンキャンペーン報告

                   芦屋町の自然を守る会
                            妹川 政男
                        問い合わせ先  090-3413-644
 
 

913日、遠賀川上中流域から清掃ボランティアの皆さん約250名がバス2台、マイカー等で洞山に集まりました。

遠賀川上流域から流れてくる凄まじいゴミが洞山、夏井ヶ浜、ハマユウ群生地の浜辺に漂着する現状を、当会は12年前から上流域の行政、環境保護団体等に再三訴えてきました。

その現状を憂えた「NPO遠賀川流域住民の会」が、流域の自治体やボランティア団体に呼びかけたものです。今年で8回目にもなります。感謝・感激!

当日は、芦屋町、当会と、そして、新たに3年前に設立した洞山保存会の協力により、みなさま方のお世話を行いました。

今回は洞山周辺だけでなく、若松地区の白岩海岸、岩屋海岸まで清掃活動を行いました。

それにしても、本年8月1日、緊急清掃ボランティア活動の際に1万本のペットボトルを集めたというのに、今回も沢山のペットボトルや空き缶が集められました。

デポジット制度が導入されていれば、こんなにポイ捨てされることはなかったでしょう。

参加者のアンケート結果でも『デポジット制度(※)』は大賛成という結果がでていました。

早く、『デポジット制度』が法律化されることが望まれます。
(※空容器を返却したときに預かり金が戻ってくる制度)

 
     
  
     
 北九州市若松区岩屋海岸