2009年のページへ



 
日時 平成2098
場所 中間市中央公民館
主催 遠賀川流域住民の会
 
 

    プログラム *

12:00 受付

13:30 開会式 

      主催者あいさつ  NPO法人遠賀川流域住民の会
                理事長 窪 山 邦 彦

      来賓あいさつ   国土交通省遠賀川河川事務所 

                  副所長 山 口 英 彦 氏

               中間市副市長 小 南 哲 雄 氏

14:00 「特別活動報告」 福岡県立 北九州高等学校 

   魚部のみなさん

15:00  休 憩

15:10 上・中流域活動団体報告〔各15分〕

      宮若川づくり交流会  座長 澤田 憲孝氏

      穂波川を愛する会   会長 本川 ヤエ子氏

      環境を考える会(稲築)会長 荒木 紘子氏

      田川ふるさと川づくり交流会 会長 村岡 洋氏

16:15 休 憩

16:30 下流域活動団体報告〔各15分〕

      遠賀町青少年育成町民会議 松本 龍一氏

      おりお堀川を愛する会   会長 重籐 一氏

      なかまの環境を良くする会 会長 大野 孝通氏

17:15 閉会式

      閉会のことば 副理事長 野口 靖彦氏

18:00 懇親会〔山賊鍋〕会場へ移動。徒歩1分

〔2時間の予定〕

 

 

              「流域住民交流会inなかま」の開催にあたって

 遠賀川流域の河川愛護団体の皆様には、日頃の活動に対し深く感謝申し上げます。

 14年前に田川で始まったこの流域住民交流会は、開催地の地域の特性を活かしながら、流域の活動団体の交流と連携並びに発展を目指して開催しているところであります。

 さて、遠賀川は、いにしえから流域に住む私達にあらゆる恩恵を与えてきました。

 源流から河口まで営々と流れるその流域には、文化が芽生え、人々に生きる力と安らぎをもたらしてきました。

 上流の山間部では産業廃棄物や家電製品などの不法投棄による地下水汚染、

流域全体では心無い人達によるペットボトルや空き缶などのポイ捨てにより遠賀川は悲鳴をあげているのが現状であります。

 このようなことから、昨年の1月20日に遠賀川流域の主要自治体の首長に参集頂き、「遠賀川流域リーダーサミット」を開催したところでございます。

 フォーラムでは、各首長がこぞって「このゴミ問題については、芦屋だけの問題でなく流域全体の問題として、今後あらゆる手段を模索しながらまた、自治体と流域住民が連携して取り組みを強化する必要がある」と問題提起されたところであります。

 また、先日の新聞によりますと、九州一級河川の中で遠賀川の水質はワーストワンとの汚名をきせられましたが、しかし、今日の地球環境問題に刺激されたのでしょうか、遠賀川流域の河川愛護団体は69団体と増加傾向にあります。

 また、流域の学校でも河川環境教育に傾注されているところが見られ、明るい展望も期待できます。

 私ども「NPO法人 遠賀川流域住民の会」も設立して5年が経過し、遠賀川流域だよりの編集・配布や今回の住民交流会、芦屋海岸クリーンキャンペーンなど遠賀川全体を網羅し、河川愛護団体の皆さんと連携を図りながら活動を展開しているところであります。

 最後になりましたが、今回の住民交流会の開催地であります、中間市及びなかま環境を良くする会の皆さんには、たいへんご迷惑をおかけしましたことに対し、深く感謝申し上げまして、あいさつと致します。

  平成20年9月6日

                             NPO法人 遠賀川流域住民の会

                                 理 事 長 窪 山 邦 彦

 


 

 特別活動報告

                           福岡県立北九州高等学校魚部の皆さん

     テーマ  知ること・伝えること・守ること

       身近な水辺の現状調査の成果を、市民啓発に活かし、保全につなげていく活動