2009年のページへ

筑前ナッチョラン節が公演されました

 吉田車返開さく250年記念事業
堀川五平太旗揚げ

 

2007年11月17日(土)水巻町中央公民館で堀川五平太旗揚げ公演が昼夜2回上演され250年前「堀川開さく」にかかわった人々の苦労や情熱を感じ知ることができ、すばらしい公演が行われました。

 現在の堀川は流れも少なく、
どぶ川のようになっています。このことに心痛めた「堀川再生の会・五平太」の皆さんは、毎週金曜日に水守神社などで清掃とEM活性液を投入し、昔のような堀川を取り戻したいと活動されています。

 今回、吉田車返開さく250年あたり、今を生きる私たちが、堀川の歴史的背景や多くの人々の貢献があったことを忘れることなく、自然と人が共生し合う堀川の再生に本気で取り組み、大切な子らに残していきたい、という「堀川再生の会・五平太」の呼びかけで一座が結成されました。

 座員の皆さんは普段は学生や主婦、公務員、会社員など、仕事をしながら、毎週水曜日に練習をし、公演日が近づくと毎日練習をされていました。特に方言などは難しく、苦労されていたようです。

 今回の公演後、12月2日大分県別府市で行われる「アジア・太平洋水フォーラム」で上演されます。

下記写真は平成20年1月20日(日)長崎街道木屋瀬記念館で行われた「
ILOVE遠賀川流域リーダーサミット 遠賀川水フォーラム・・・水環境を考える・・・」第3部で上演されたみな様です。