2009年のページへ


2008年12月3日、遠賀川の上流、山田川において嘉麻市立下山田小学校の4年生 (25人)が半年近くをかけて校舎で育てたゲンジボタルの幼虫約500匹を放流しました。

同小学校では2000年度から河川環境について学んでおり、その一環としてホタルの幼虫を
育てています。
児童らは「大きく育ってね」と掛け声をかけながら放流しました。 
(画像をクリックされますと大きい画像が見れます)